医療用ウィッグの被り方について

生え際5mm~1cm後ろくらいに合わせて帽子の様に装着するととても自然です。

鏡を前にして合わせた際、どうしても前気味に被りがちなのですが、正面から見て自然でも、横から見られたときに前すぎると不自然に見える場合が多いです。

なるべく、おでこの生え際5mm~1cmくらいは後ろに被ると 横からでもとても自然に見えますので、前髪のカットの時には特に切りすぎない様に気をつけてカットをしてください。

ネープ(うなじ部)のところについているプラスティック製のアジャスター(調節フック)はフックを内側にずらしてちょうど良い、と思う部分に留めて調節してみてくださいね。

外れない工夫は、位置を決めたらその位置で太い糸で縫い留めておくのも良いです。
あまりきつくし過ぎると、一日被っていると頭が痛くなってしまう方がおられますので、取れる不安のない程度のところで留めてみてください。 

その際に、金具部分があたって痛くなる方もおられる様ですので、不快あるようでしたら、金具部はパチンとハサミで切ってしまい、そのまま糸で縫い付ける方法もあります。

両端にあるフックを内側ずらします

切り外すことも可能です

頭との固定方法

全頭脱毛の場合

お薬の副作用などでの一時的な全頭脱毛時には、薄いTシャツ等を丸くカットして頭皮に充ててからウィッグネットを装着します。

固定の方法は、上の様な薄い布をまず頭にあててから、インナーネットを被ります。

そして、医療用ウィッグをおでこに合わせて深く後ろまで、耳の上も確認してきちんと被ってください。

被った上から(例えば耳サイド部分を少し残して耳にかけて)ピン留めや飾りピンなどで下のインナーネットと一緒にしっかり固定したり、医療用ウィッグの裏側のフロント部分やネープ部分にウィッグピン(クリップ)を縫い付けて、中に着けたインナーネットにパチンと絡ませて固定する、などします。(もちろんピンなど何もつけないでただ調節フックで調節するだけで被っている方も多くおられます。)

日常的に全頭脱毛をされておられる方や、特に風の強い日、またはスポーツをされる時などには、フロント部分や両サイド部分についているテープの接着部に両面テープをその大きさに合わせて切って頭皮に貼り付けて固定します。 

また、全頭脱毛時ですが、まれに頭の形によって、医療用ウィッグをきちんと被ってもそれがずり上がってきてしまう方がおられます。

その様な方の場合の固定には、例えば大判の薄い素材のハンカチやバンダナ等の薄い布を、いったん頭に三角巾を巻く様にしっかりと巻きつけて、後ろネープにそれを縛った根っこを作る様にすると、そこにウィッグがしっかりと固定してずり上がらず、しっかり固定できて、頭皮から出る脂の汚れやその匂いもそれほど気にならなくなるようです。

中には、お祭りの様にバンダナを巻き着けてから医療用ウィッグを被っている方もいらっしゃいますので、お試し下さいね。

お薬の副作用で脱毛途中の方の場合、毛量がかなり多く感じて頭でっかちに見えがちです。

その様な時に、上記のようにサイドをピンで留めて、毛量を少なく見せる等の工夫が特に必要です。

ウィッグの毛量は段々と減っていくものです。

最初から思い切り減らしてしまうのはとても危険ですので、工夫が大切とお考えくださいね。

被り方もそれぞれの工夫でかなり自然にもなりますので、ウィッグだからとただ装着するだけではなく、

ピンやカチューシャや眼鏡などでアレンジする様に固定したりして、より安心でより自然に見える様に工夫してみると

全く違ってくるのでおすすめです。

医療用ウィッグの被り方について

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

Menu

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ