医療用ウィッグの付け方

初めはどのように装着したら良いのか、不安になられる方もいらっしゃいますが、装着方法は簡単です!

 

ウィッグを装着するのに必要なもの

自毛がある方が用意しておくと便利なもの
  • ウィッグネット
  • ヘアピン
  • ヘアゴム
全頭脱毛の方が用意しておくと便利なもの
  • ウィッグネット
  • ヘアピン
  • 薄いTシャツを丸くカットしたもの

全頭脱毛の方は、いらなくなった薄いTシャツなどを頭皮にあててから装着します。

ウィッグの付け方

まずは、医療用ウィッグの前と後ろをご確認ください。 

両サイドの針金の入っているところをモミアゲ部に合わせて、まるで帽子(水泳帽子)をかぶる様に、前髪の長さでおでこを合わせておでこの部分をおさえながらしっかりとうなじまで後ろに深く装着してみます。 

 

針金が入っている両サイドのもみあげの部分は、外側に曲がっていないか確認!

中心の内側に向かってくの字になる様にお顔に沿う様に まげてみましょう。

自分の頭の生え際から5mm~1cm後ろくらいに合わせて深く帽子をかぶる様にして装着します。

医療用ウィッグの付け方で一番重要なのは何よりもつけるおでこの位置です。
前髪の長さにつきましても、はじめにこのおでこの装着の位置をきちんと決めてカットする(カットの際には切りすぎを意識してなるべく少し上気味に)と間違いありません。
医療用ウィッグの付け方で一番大切なこの付ける「位置」を前気味に装着してしまうととても不自然になります。
自分では前しか見えませんが、ぐるっと周囲からみられている、ということを考えて、慣れるまでは少し上気味を強く意識して装着してみましょう。

 
注意点

はじめに書きました様に、付ける位置を前にしすぎてそのまま前髪の長さを短くカットしてしまいますと、切ってしまった髪の毛ばかりはもう取り返しがききません。
カットしてしまったら最後なのです、、くれぐれも気を付けましょう!!
前髪の長さが短くなりすぎてしまったので長く直したい、、、これだけが後戻りができません!
ここは何より注意が必要です。

 
カットする時のコツ

最初は長めにして置いて、シャンプーを何度かしてからしっかりと自分の好みの長さにするのが最良と考えられます。
人毛の場合、シャンプーをしていきますとふんわりと髪の毛の習性で立ち上がりが出てきますので、そのことを忘れずに調整してみましょう。
長くして流すようにわけておき、その後にお好みの前髪にカットする、、という方も多い様です。
医療用ウィッグの付け方で一番気を付けたい部分はここですので、くれぐれも気を付けてくださいね。

左右対称に位置を整えます。コームでとかし、完成です。 

左右対称に位置を整えます。コームでとかし、完成です。 
手でぐるっとまわりを触ってみて確認しましょう。下地がきちんと医療用ウィッグの中に入っていますか?
はみ出していたらしっかり中に入れ混んでみてください。次に襟足はどうでしょうか…?
たまに、ウィッグとかなり色の違いのある自毛が思い切りショートウィッグの襟足から外に長く出てしまっておられる方がお出でになられます。
ここも気を付けてチェックしてみてくださいね。
ショートスタイルの医療用ウィッグの付け方では自毛がロングの方は必ず結わえる…
または自毛も合わせて短くカットしておく、、ということが大事です。

最後にヘアスタイルの確認です。

特にボブスタイルなどの医療用ウィッグの付け方での注意点は、左右対称にしっかりヘアスタイルを整える、と言うことが大切です。

 

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

information

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ