医療用ウィッグの選び方について
Q&A

回答者:ウィッグアドバイザー 塚本知恵子

抗がん剤治療を予定しています。やはりミックス毛よりも人毛100%のウィッグがおすすめですか?

今回、急な病気(乳がん)の発覚で、主治医の先生から『抗がん剤治療の副作用で髪の毛が全部抜けますよ、医療用ウィッグを用意してください。』と言われました。

そこで、ウィッグを購入するにあたり、ネットで調べたり、実際にデパートに入っている販売店に出掛けたりして、いろいろと商品を見たり話を聞いたりしています。

人毛が良いのか、ナイロン等の人工毛だけの方が良いのか、それとも両方が混ざったタイプにしたらよいのか‥どれを選んだら一番間違いがないのか判断が出来ず、とても悩んでいます。

やはりナイロンやミックスのウィッグよりも人毛100%のウィッグがおすすめですか?

色々聞いてみたのですが、やっぱり人毛が良いような気はしております。
でも人毛は値が張るものが多い印象ですし‥絶対に人毛100%がいい!と思えるようなメリットを教えてください。

やはり抗がん剤治療の副作用による脱毛をされた方には人毛100%のウィッグをおすすめしております。

抗がん剤副作用での脱毛、ということでお探しのウィッグについてですね。

確かに「医療用のウィッグ」とひとことで言ってもたくさん種類がございます。

人によっては、ミックス毛の方が乾きやすく、扱いやすいのでおすすめという方もいらっしゃれば、ナイロン毛なら形状記憶だから断然おすすめという方もいらっしゃいます

私はいつも抗がん剤の副作用の方には、なるべくなら人毛100%のものはいかがですか…と人毛の商品をお薦めしております。

確かにナイロン毛やミックス毛の製品は、洗っても乾きやすく、形状記憶のものならばスタイルが出来上がっていて、なおのこと扱いやすいです。

例えば、まっすぐなストレートの髪がお好みの方であれば、ストレートの人工毛やミックス毛のウィッグをお選びいただけば、シャンプー後でもそのままのまっすぐストレートな状態が保たれていて、スタイリングが簡単です。

または、逆にふんわりとワンカールのウェーブスタイルがお好みであれば、そのようなスタイルのウィッグを選べば、シャンプーしてもそのまま巻き髪が再現出来ます。

かわいいお好みのスタイルで過ごすことが簡単に出来ます。

しかし、特に抗がん剤治療をしている方の使う物に関しましては、扱いがやすいのと、適しているのとは少し違ってくると考えています。

以前、こんなお客様がお見えになりました。

その方は元々アトピー体質でナイロン毛を使用したところ、首回りの肌が痒くなってしまったらしいのです。

そこでロングの物に買い替えて、後ろ髪を結わえて使っていたのですが、今度は前髪のお顔にあたる部分がかゆくなってきてしまい…

3つ目として、新たに人毛の医療用ウィッグをお求めになりたいということで当店にご来店されました。 

もちろん体質によって合う合わないがございますし、ナイロン毛やミックス毛を使用しても、まったく痒くならず、とても使い勝手がよい、と長く愛用されている方が多いのも事実です。

しかし、抗がん剤副作用での脱毛の場合には、現実として、治療中の間に購入するのはおひとつか、替えにもうひとつ…という具合で、多くの場合はひとつだけです。

そう、、医療費のを考えると、どんなに多くても最高2つのウィッグを買うのが限界ではないかと思います。

副作用等で皮膚が敏感になったり、または体質が変わったりする場合もございます。

ですので、やはり抗がん剤副作用による脱毛の方には、「人毛100%」をおすすめさせていただいております。

上の方の様に、合わない合わない…と替えとしてどころか使えないものをいくつも購入するのは時間もお金ももったいないし、大変です。

その様な理由で私的に抗がん剤での医療用ウィッグには人毛をおすすめさせて頂いている現状なのです。

人毛は肌に優しく、しかも何よりも見た目が自然です。

自然に勝るものはない!と考えているのです♪

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ