医療用ウィッグのメンテナンスについてQ&A

医療用ウィッグ ケア用品について

初めてメールします。
私が今使っているのは他店で買ったショートスタイルの「医療用ウィッグ」として販売されていたものです。

人毛100パーセントと言われて購入しました。
それで、質問があります。
使い始めて3か月ほど経過したのですが、前髪の辺りの絡まりがすごいです。

あまりにもすごいので、あちこち探して貴店にたどり着き、同じ様なヘアスタイルの新しい物を先ほど貴店で購入させていただきました。

しかし、人毛だから貴店の物もこうなる可能性がありますよね。

それでもやはり人毛が良いので、こうならない様に医療用ウィッグに必要なケア用品も購入しておきたいと考えております。

どんなものを買っておけばよいか教えてもらえませんか?今度はきちんとお聞きして教えていただいた物を揃えて使い始めたいと思っています。
教えていただいたら即購入します。おねがいします。

ご利用ありがとうございます。

洗い流さないトリートメント

ウィッグのヘアケア用品

まず、医療用ウィッグの医療用ウィッグのヘアケア用品の種類は以下になります。

 
  • シャンプー剤
  • トリートメントパック剤
  • 洗い流さないタイプのトリートメントorトリートメントオイル
  • シリコン入りスプレー
  • 髪の化粧水
  • コームorブラシ
  • ウィッグハンガー
その中でこれは便利、これはよい、と思うものをお知らせさせていただきますね。

まず、シャンプーやトリートメントパック剤など…これはヘアカラー毛用の商品をお選びください。

ここは重要です!

医療用ウィッグのヘアケア用品の中で一番重要なのはシャンプー&パック剤と考えています。

これも、ノーマルヘア用~ダメージヘア用など各種ございますが、もし絡みなどが心配なら、ぜひ、この「ヘアカラーをした髪の毛用」のシャンプー&トリートメントパック剤をお選びください。

美容室で販売されている専門品が特におすすめですが、今は量販店やドラッグストアでもウエラなど美容メーカー品が多数揃えられておりますので、きちんと確認して選んでご購入ください。

シャンプ―代行について

また、自分でシャンプーできないのでやってほしい…という場合には当店にはシャンプー代行がございます。お申し付けくださいね。

さあ、それでは、次に大切なのはコームやブラシの種類です。

さあ、それでは、次に大切なのはコームやブラシの種類です。
まず一日の終わりには絡みやすい襟足や前髪部分など中心に軽くシリコン入りのスプレーをさ~っとかけてからブラシをかけます。

この時のブラシは、できれば「ウィッグ専用の金ブラシ」などの粗めな固い素のブラシがおすすめです。
現在では百円ショップでも販売されていますので、ご購入されておくと最良です!

外出の時にもっていると良いもの…

そうして、お出掛けの際にも持っていると良い物があります。
小さな携帯用のスプレー式の容器にヘアケア用の洗い流さないタイプのトリートメント美容液を入れて持ち歩くと最良です。

お出掛けの際、気になった時にしゅしゅっとかけてあげることで乾燥からのダメージ回避になります。

絡みが改善されない場合は

この様にトリートメントしても全く絡みがとれない…どうしよう~ってなった場合には工場に送る形でのコーティング処理をおすすめしております。

まとめ

長くなりましたが、医療用ウィッグのヘアケア用品として一番重要なのはシャンプー&トリートメントパック剤、そしてその後のブラシ、コーム…

乾いてからの日々のメンテナンスとしてシリコンスプレーやヘア美容液等です。

やはり美容室等で販売されている美容メーカーの製品がおすすめです。

 

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ