医療用ウィッグ の処分法

医療用ウィッグを処分するのはいつ・・・?
方法はどうしてますか?

 
 

病気になって必要になった医療用ウィッグ

あれから3年、、まだ手元にあるんだけど…これ どうしたらよいんだろうか・・・

私の体の一部、一年半に一度新しいものを買うって決めて使っているけれど…

さすがに10年以上も前のものは処分したいな~~~

薄毛だからずっと部分を愛用~♪

さすがに抜けてきて自毛の頭よりうすくなっちゃったから買い替えました。
もう使わない古いほう、どうしようかな。。。

 

それぞれの理由で使わなくなった医療用ウィッグの処分、皆さんはどうしてますか?

あっちパパのウィッグの処分方法

例えばあっちパパの場合には、たくさん処分しなければならない医療用ウィッグがありますから、こんな風にしていますよ。

人形と同じ様に

人毛なので、人形と同じにしています。目のあるぬいぐるみなども同様にしていますよ。
ゴミに出す前にお酒とお塩でお清めをしてから「ありがとう」と言ってゴミに出します。
あっちパパの場合にはお店なので、普通の一般のおうちの様に可燃ごみや不燃ごみに分別する必要がありません。
なので、これで問題なし、、となります。

 
自治体に確認してから捨てましょう

しかし、気持ちの面でお清めをしても、一般家庭では残念ながらそんな簡単にゴミ袋に入れてポイっと捨ててしまう、、というわけにはいきません。
なぜなら、人毛の医療用ウィッグの場合の処分の場合、は燃やして燃えてなくなってしまう人の髪の毛ですから、可燃ごみに分類でき、ナイロンやポリエステルなどの毛質の場合には不燃ごみとなる場合があるからです。

現在では自治体によって このごみの分別には大きな違いがございますので、各自治体のホームページにてきちんと確認してからの処分が最良と考えられます。
もし確認してもわからない様な場合には、念のため、下記の様にしっかり分けてみるとよいかもしれませんね。

例えば、分別指定であれば、人毛100なのでしたら見えない様に包んで普通に可燃ごみに出してよい、、ということになりますし、ミックスや耐熱毛など人毛以外であれば不燃ごみに出しておくのが最良、と考えられます。
ただ、やはりここで重要なのはきちんと見えない様にしてゴミに出す、、ということだと思います。
だって、ごみの収集員さんだってさすがにむき出しに見えるように頭があったら

驚いてしまいますよね?
事件扱いされてしまうかもしれませんし・・・
やはりここはきちんと現物が見えない様に、、の配慮が必要と考えられます。
だって、あっちパパのお店に初めてご来店されるお客様でさえ、頭がたくさん並んでいるのに驚かれた、、ということがございますので、やはりそこは何よりも気を付けたいところです。
自治体によってはしっかりと記載されているところもございますので、念のためご自分の地域のホームページでご確認いただくことをおすすめいたします。

他には「寄付」や、ジモティーなどで必要な方にお譲りする

また、医療用ウィッグは捨ててしまう処分方法と、他には「寄付」や、ジモティーなどで必要な方にお譲りする、、や、フリマ、ネットオークションなどなどを活用しての処分方法も考えられます。

そうです!!自分では不必要になってもまだ使える様な状態であれば・・・
大切な医療用ウィッグですもの。

簡単にポイっと処分するばかりではなく、必要な方に使っていただく、、無償でも有償でもそんなことのできる現在はとてもすてきだな、、と思います♪

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

Menu

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ