ウィッグピン(クリップ)の縫い付け方法(取り付け方)

医療用ウィッグ(人毛100%)のカラーリング方法

人毛のウィッグはカラー可能です!

人毛のウィッグは使っているうちにだんだんと色が明るくなっていきます。

もちろん、使っている環境が異なりますので、人によってかなりの差、個人差がございますが、いくら室内での事務仕事だから…と言っても日々のシャンプーなどで退色を回避することはできません。
さあ、ここでは医療用ウィッグのカラーリングの方法を詳しく書いていきましょう。

はじめに準備するものはカラーリング剤です

はじめに準備するものはカラーリング剤です。
もちろんプロが使っているタイプの物が一番のおすすめですが、今はドラッグストアにもたくさんの種類の製品が販売されていますよね。
泡タイプもございますし、ブラシタイプもございます。
また、マニキュアと言われているものや、ヘナ、それからシャンプーの後にトリートメントの様にして少しずつお色を入れていくタイプの製品もありますよね。

カラーリング剤の種類
ヘナ

ヘナは、植物由来の天然素材とはいえ、お好みのカラーに発色が難しそうですし、何より染まるまでに時間がかかります。
ですので、ここでは、明るくなってしまって退色してしまった人毛の医療用ウィッグを黒くまたは暗くするための一般的な白髪染め(黒染め)のやり方をご説明させていただきますね。

泡タイプ

泡タイプは素人さんには簡単そうに感じますが、泡ですのでムラになりそうでもあり、何より皮膚分け目などに付着してしまう恐れがありますし、液状の製品は液だれが怖いので、通常の普通のクリームタイプの製品をおすすめします。

トリートメントタイプ

トリートメントタイプはシャンプー後に使う製品ですので、この様なカラーリングをした後の日々のメンテナンスにご使用されていくと退色が進まずに最良です。

医療用ウィッグのカラーリングの方法

さあ、それでは医療用ウィッグのカラーリングのやり方、毛染め方法です。
販売されている製品の中にナイロングローブとブラシが付属で入っていると思いますので、きちんと装着してから始めましょう~!

まずは医療用ウィッグの皮膚(分け目)の部分をブロッキング!

別に分けて、ゴムまたはダッカール等で留めておいてください。

 

サイドから染めていきましょう。

1~2cmほど薄くスライスして少しずつカラーリングしていきます。

後ろもサイドと同様に薄くスライスしながら少しずつ染めていきます。

最後にとっておいた皮膚(分け目)の部分を同様に1cmくらいの幅でスラ
イスして少しずつ染めていきます!

最後にとっておいた皮膚(分け目)の部分を同様に1cmくらいの幅でスライスして少しずつ染めていくのですが、ここは他の部分と異なり、ゆっくりと焦らずに時間をかけて良いので丁寧に塗布をしてください。
根元の部分にカラーリング剤が絶対につかないように塗るようにします。
やり方は、細いコームの先につけて梳かす様に塗布するのが一番間違いのない皮膚部分が黒くならない塗り方です。
こうして梳かす様にゆっくりと染め梳かしていきながら皮膚部全体を染めてくださいね。

全てが染め終わったら、ラップに包んで放置します。

放置の時間は、決められた時間よりも少し短いくらいでよいと思います。
ラップを外して発色を確認してからシャンプーをすると間違いがありませんよ。
シャンプーをしてよく薬剤を流し終わったら、たっぷりのトリートメントをつけて仕上げてください。

カラーリングはその後のメンテナンスが大切です。

きちんとトリートメントをして、ヘアケアをしていけば心配なその後の傷みは回避できますので、お休みの日にゆっくりとした気持ちでトライしてみるのがおすすめです♪

カラーリングはその後のメンテナンスが大切です。
きちんとトリートメントをして、ヘアケアをしていけば心配なその後の傷みは回避できますので、お休みの日にゆっくりとした気持ちでトライしてみるのがおすすめです♪

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

Menu

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ