気になるみんなのウィッグ生活

医療用ウィッグを装着して生活をする、、ということは、初めての方には想像もできないことかもしれません。
しかし、こうしていつもの生活の強い味方、そして最強のアイテムにしてお過ごしになられておられる方々が大変多くお出でになられるのです。
その昔、初めてこの業界に携わった当時のことです。
やけどで髪の毛を損失し、ウィッグを日常的に着けて生活をされている方からお手紙をいただいたことがございました。
お手紙の中で一番心に残っている文章があり、それは今でもはっきりと覚えております。

「私は目には見えない身体障害者です。ウィッグがなくては当たり前の生活さえままならないのです。ウィッグはなくてはならない私の身体の一部です。
身体の一部を新しくしていただいてありがとうございました。」

拝見して涙があふれて仕方がありませんでした。
その当たり前のことをきちんとわかって仕事をはじめたわけではなかったからです。
それが、お姑さんのしてきた仕事の本当の意味を知れた時のことです。
これからは心に強く刻んで接していこう…と心した日のできごとでした。

そのお客様は大変高齢になられましたが、今でもお元気にお過ごしになられておられ、ありがたいことに、時に触れお孫様のことやご自分の体調のことなど…お手紙をくださいます。
するとまた思い出すのです。
「身体の一部」なんだな…そんな大切な物を私たちはご提供させていただいているのだな。しっかりしなくては!!と。
わかったつもりでもその身にならなければわからないことがたくさんございます。
少しでもお使いになられる方の側に立つ仕事を心がけていきたいと考えております。

ここを見ていただいたあなたにとって、医療用ウィッグがどんな存在でしょうか。
どんな毎日をお過ごしでしょうか。
ウィッグで生活する皆さまのお声を元に、最強のアイテムをお届けする…そんなお店を目指して頑張っていきます♪

 

看護師をしているAさんの場合

Aさんは看護師です。
仕事柄、夜勤もあります。そして小さなお子様もいらっしゃいます。
毎日お仕事に子育てに、そして主婦業まで‥とても忙しい日々です。
ウィッグご使用歴は10年以上になります。


学生Bさんの場合

もともと幼い頃から円形脱毛の癖があったらしいのですが、それほど大きな脱毛ができなかったので、右から左に、前から後ろに‥と自分の髪でいろいろ工夫をしてアレンジで乗り切ってきた、とのお話しをしてくださいました。

この方は、大学生になってウィッグデビューをしました。


70代の専業主婦Cさんの場合

Cさんは、ご年配の専業主婦の方です。

2代目のあっちパパのお姑さんからのお客様で、あっちママは色々勉強させていただいたお得意様です。

Cさんは、とてもおしゃれでとても70代後半には見えません。

元々は部分的なやけど用のウィッグをお使いになられていましたが、ここ数年はあっちパパのシルク幅広皮膚タイプのショートを毛量を少なく作成したものをずっとお使いになられています。

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ