医療用ウィッグ 助成金&医療費控除について

最終更新日:2021年7月15日

医療用ウィッグのは医療費の控除対象になるのか…

抗がん剤治療の際に必要な医療用ウィッグの購入は医療費の控除対象になるのでしょうか。
2021年6月現在の時点では、残念ながら、抗がん剤の副作用での脱毛の場合、お医者様から「ウィッグが必要になりますよ」と言われた場合でも、医療用ウィッグの購入に関しては医療保険の適用対象外となっているとのことです。

※脳の手術などで頭蓋骨を一部取らなければならず、医療用ウィッグに充て具などをして頭を守らなければならない等の場合には、適用になる場合もあるようです。

しかし、抗がん剤治療での脱毛で必要な場合でも、すべての地域が対象ではございませんが、自治体によって様々な対策がとられている現状のようです。
自治体によって、どんどんその内容が変わっていっていると思われますので、それぞれお住まいの地域にて、よくご確認の上ご申請いただくのが最良です。
そのようなわけで、それぞれ自治体などによって、その助成金額や形態は様々ではありますが、お住まいの地域を調べて対象になるようであればきちんと申請することによって、控除の対象となる場合があるのです。

当店でも

当店でも、カードでご購入をされたお客様でございましても、ご希望がございます場合には必要事項を記入した領収書をご提供させていただいております。

必要事項について

必要事項につきましてもそれぞれの自治体で決まりがあるようですが、現状、次の項目が書いてあれば間違いがないものと考えております。
特にどの自治体でも「全頭用」のフルウィッグに限って控除の対象となっているようです。

医療費控除の対象は全頭用、治療用の医療用ウィッグです

当店での領収書の書き方例

治療用全頭脱毛用医療カツラ代金として

また、その他の必要事項のご希望がございます場合には、何でもお気軽にお申し付けください。

 

ウィッグの助成金を行っているお住まいの都道府県地区町村一覧

さて、それではそれぞれの自治体ではどのような内容なのでしょうか。
その他、各自治体によって様々な形で助成金や控除があり、その自治体によってその形は異なっております。
お住まいの自治体や通院されている病院等できちんと調べてのご対応をお勧めいたします。

秋田県

就労や社会参画につながることを目的に、がん治療に伴い医療用補正具(以下「補正具」という。)を使用する方に対して、購入費用の一部を助成しています。
令和2年4月1日から「がん患者医療用補正具助成事業」の受付窓口が市町村に一本化されました。
自治体によって内容が異なるようですので、ご確認の上、申請してみてくださいね。

秋田市

購入費用が2万5千円以上の場合、市の助成金額は2万5千円となります。
購入費用が2万5千円未満の場合、市の助成金額は購入費用と同額になります。

潟上市

1人につきそれぞれ1回限り
ウィッグ(全頭用) 上限30,000円

能代市

1年度あたり1回まで補助が受けられます。上限額は、初回申請の場合、45,000円、
2回目以降の場合、30,000円。

由利本荘市

助成対象補正具の購入費用に対し、秋田県と市が定める上限額の合計。
県助成額(上限15,000円)、市助成額(上限10,000円)

※市は、購入金額から県で定める補助上限額を減じた額に対し、それぞれ上限10,000円の助成。

大仙市

上限:35,000円

北秋田市

上限 1人につき4万5千円(1回)

にかほ市

上限 15,000円

横手市

上限 30,000円

仙北市

1年度あたり1回まで補助が受けられます。上限額は、初回申請の場合、45,000円、2回目以降の場合、30,000円。

小坂市

上限額 3万5千円。

三種町

県助成額(上限15,000円)、市助成額(上限10,000円)

鹿角市

上限 30,000円

八峰町

上限 30,000円

井川町

上限 35,000円

山形県


山形県と各市町村では、がん患者の就労や社会参加を応援し、療養生活の質がよりよいものになるように、ウイッグ(かつら)の購入経費の一部を助成しているようです。

山形市

山形市には 以前私が直接お電話にて領収書の記入例をおたずねしたことがございます。
担当の方が詳しくきちんと対応してくださいました。ありがとうございました。
2万円又はウイッグ購入経費の2分の1の額のいずれか低い額。

村山市

2万円またはウイッグ購入経費の2分の1の額のいずれか低い額とし、助成回数は1回限りとする。

東根市

購入経費の2分の1または20,000円のどちらか低い額。

河北町

医療用ウイッグ:20,000円、または購入経費の2分の1の額のいずれか低い額。

米沢市

補助上限額:購入経費の2分の1の額、または20,000円いずれか低い額。

新庄市

補助上限額:購入経費の2分の1の額、または20,000円いずれか低い額。

鶴岡市

補助上限額:購入経費の2分の1の額、または20,000円いずれか低い額。

酒田市

補助上限額:購入経費の2分の1の額、または20,000円いずれか低い額。

戸沢村

補助上限額:戸沢村ではウィッグ購入費の半額(上限2万円)とされています。

東京都

千代田区

購入やレンタル等にかかった実費(消費税を含む、上限3万円)
※ 申請は対象者1人につき1回限り(個数の上限なし)。

中央区

ウィッグ(かつら)(ウィッグ装着時に必要なネットを含む)の購入費用の半額
(その額に100円未満の端数があるときは、これを切り捨てた額)、
ただし上限を30,000円とする(消費税を含む)。

港区

30,000円、またはウィッグ(かつら)購入経費の7割のうち、いずれか低い額。

文京区

ウィッグ(ウィッグ装着時に皮膚を保護するためのネット及び医療用帽子を含む、ウィッグの保管、手入れ等に使用する用品は除く)の購入等の額(購入、レンタル、リース、定額利用)の2分の1に相当する額(30,000円を上限とする)(消費税を含む)。

豊島区

購入実費(消費税を含む、上限10,000円)を助成。

葛飾区

ウィッグ(ウィッグの装着時に皮膚を保護するために必要なネット及び医療用帽子や帽子付ウィッグを含み、ウィッグの保管、手入れ等に使用する用品は除く。)や胸部補整具に要する費用のうち一人3万円が上限。

福生市

ウィッグ(ウィッグの装着時に皮膚を保護するためのネット等を含む。)※医療用には限らず。
1万円(消費税を含む。)を上限に購入実費額を助成。他の助成を受けている場合は差し引いた額が助成金額になる。
申請は、対象者1人につき1回限り。(ウィッグ購入で1回、胸部補整具購入で1回申請することが可能。)

神奈川県

横浜市

助成の対象となるのは、ウィッグ等を購入した日から1年以内に助成金申請があったもの。
なお、既製品だけでなく、帽子や材料等を購入して作成する場合も対象となる。
10,000円を助成。ただし、購入額が10,000円に満たない場合は、実際に購入した金額。
なお、申請は助成対象者1人につき、1回限り。

相模原市

購入金額の2分の1又は30,000円のいずれか低い額。
ウィッグ本体、部分ウィッグ、装着時に皮膚を保護するネット及び帽子、材料を購入して作成した場合の材料費。一人につき1組のみ。
※市民税に滞納がない人、等条件有り。

大和市

ウィッグ購入費用の9割(1円未満の端数切り捨て)または上限3万円のいずれか低い方の額。
※ウィッグ本体と保護ネット(各1点)の購入費用が助成の対象。その他の付属品やケア用品は対象外。
※民間のがん保険やNPO法人などから、ウィッグ購入費用の助成を受けている場合は、その額を除いた額となる。
※抗がん剤治療等の副作用に対処するためにウィッグを購入した方、等条件有り。

茨城県


あっちパパ本店のある茨城県では、県からの委託を受けて「公益社団法人茨城県看護協会」が「いばらきみんなのがん相談室」を設置しています。
相談室の事業の一環として、がん治療を受けている方の就労等の社会参加を応援するため、ウィッグ(かつら)の購入費用を助成する事業を行っています。
あくまでもウィッグ本体のみが対象で、部分的なヘアピースや付属品、そしてケア用品などは対象外とのことです。
補助額はウィッグの購入・レンタル経費の1/2、最大2万円まで。

日立市

ウィッグ (全頭用かつら)、装着に必要な装着用のネット
(注意) 付属品、ケア用品、部分的なかつら、毛髪がついた帽子などは対象外です。
補助額は、助成対象品目それぞれの購入やレンタルに要した費用の2分の1(上限3万円)。

常総市

10,000円を上限に1人につき1回限り。
*助成金は医療用補整具の費用(いばらきがん患者トータルサポート事業補助金を受けている場合は、補整具費用からその額を引いた額)の2分の1の額、または10,000円のいずれかの低い額。

守谷市

ウィッグ、装着に必要な装着用のネットの購入経費の2分の1(ウィッグは2万円、乳房補整具は1万円が上限額)
1,000円未満の端数は切り捨て。また、同一ウィッグ等について「いばらきがん患者トータルサポート事業(社会参加サポート事業)補助金」を受けている場合は、補助金分を減じた額を購入経費する。

つくばみらい市

10,000円を上限に一人につき1回限り。
※いばらきがん患者サポート事業の補助を受けた場合、その交付額を差し引いた金額が対象となります。

栃木県

栃木県では、がん患者等への支援事業を実施しています。
医療用ウィッグに関しては、補助の対象の実支出額と基準額とを比較していずれか少ない額に2分の1を乗じて得た額(算出された額に1,000円未満の端数が生じたときは、これを切り捨てた額)以内。(1人当たりそれぞれ1回に限る。)

栃木市

購入経費の9割、または3万円のいずれか低い額を補助します。(ウイッグ本体価格(税込み)のみ対象、小物等は含まない。)
補助対象者1人につき、1回限り。
※本人の市県民税額が76万円未満である、等条件有り。

日光市

ウィッグ購入費用の9割(上限3万円)
購入費用の対象となるのは、ウィッグとウィッグ装着の際に使用する附属品(ウィッグの内側にかぶるキャップなど)で、ケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)は対象外。
※抗がん剤などの治療による脱毛のため、ウィッグを平成30年4月1日以降に購入した、等条件有り。

小山市

助成金の額は、助成対象経費に2分1を乗じて得た額(1,000円未満切り捨てる)とし、30,000円を限度とする。
ウィッグ本体の購入費とし、付属品及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)は対象外。
※市税の滞納がない方、等条件有り。

真岡市

がんの治療に伴う脱毛に対応する医療用ウィッグ本体の購入費、医療用ウィッグの装着時に皮膚を保護するための必要なネットが対象となり、附属品及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)は対象外。
助成額は補整具の購入経費(消費税を含む。)に10分の9を乗じて得た額(100円未満切捨)助成限度額は30,000円(1回のみ)。
※申請をする日の1年以上前から、本市に住民登録をしている方、等条件有り。

大田原市

30,000円又は購入費(本体のみの価格)の9割(1円未満の端数は切り捨て)のどちらか低い額。
助成は1回限り。
※がん治療に伴う脱毛により就労、社会参加、通院等への支障又は支障の出るおそれがあるために、ウィッグの使用を必要としている、等条件有り。

下野市

医療用ウィッグ(ウィッグ本体)購入額の1/2(ただし、百円未満は切り捨て)。
30,000円を上限額とし、それぞれ申請は1人につき1回に限る。
※申請日の時点で下野市に住所を有する方、等条件有り。

上三川町

購入額の1/2(ただし、百円未満は切り捨て)。
30,000円を上限額とし、1人につき1回に限る。
医療用ウィッグの装着時に皮膚を保護するために必要なネットを含む本体の購入費が対象となり、付属品及びケア用品(クリーナー、リンス及びブラシ等)は対象外。
※町税を滞納していない方、等条件有り。

野木町

購入費の10分の9で上限額は30,000円。
※助成対象経費はウィッグ本体の購入費とし、本体価格に含まれない付属品及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等をいう。)は対象外。
※町内在住で、町税等の滞納がない方、等条件有り。

那珂川町

30,000円または購入費(本体のみの価格)の9割(1円未満の端数は切り捨て)のどちらか低い額。
助成は1回限り。
※ウィッグ本体の購入費とし、付属品やケア用品は対象外。
※就労、社会参加、通院等のために購入したもの、等条件有り。

埼玉県

川口市

がんの治療に伴う脱毛に対応するためのウイッグや、その着用に必要なネットが対象。
上限は1万円で、交付した助成金が1万円未満であったとしても、新たにウイッグやネットを購入し、残りの額を改めて申請することは不可。
※過去に川口市及び川口市以外からウイッグ購入費の助成を受けたことがないかた、等条件有り。

美里町

上限3万円(上限に満たない場合は、実費)
※町税の滞納がないかた、等条件有り。

千葉県

浦安市

全頭用ウィッグが対象(皮膚を保護するネットは対象、スタンドなどの付属品とケア用品、帽子および部分ウィッグは対象外)
(3万円又は実際に購入に要した費用のうちいずれか少ない方の額)
※浦安市に居住し、かつ住民基本台帳に記録されていること、等条件有り。

群馬県

高崎市

補助金額は30,000円。
(ただし、購入費用額が30,000円未満の場合は、実際に購入した金額を補助。)
※申請時点で本市に住民登録している人、等条件有り。

太田市

ウィッグ本体の購入費。
ウィッグ本体に含まれない付属品(保護ネット等)及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)や購入の送料、申請に必要な証明書にかかる費用等は対象外。
助成上限額は30,000円。購入額が上限額に満たない場合は、購入した金額を助成します。
ウィッグ等の上限額以内であれば、複数のウィッグの購入費を併せて申請可能。
※太田市に住所を有し、助成金交付申請日において、本市の住民基本台帳に引き続き1年以上記録されている方、等条件有り。

沼田市

助成上限額は30,000円。
※申請日時点で、沼田市に住民登録している人、等条件有り。

富岡市

対象となる補整具は医療用ウィッグ(本体、ネット)。
上限は30,000円。
※がん治療などに伴う脱毛や手術などにより、外見の変化に対する補整具が必要な人、等条件有り。

千代田町

対象はウィッグ本体の購入費。
※ウィッグ本体に含まれない付属品(保護ネット等)及びケア用品(クリーナー、リンス、ブラシ等)や購入送料、申請に必要な証明書にかかる費用等は対象外。
助成額上限は30,000円。購入額が上限に満たない場合は、購入した金額を助成。
ウィッグの上限額以内であれば、複数のウィッグの購入費を一度に併せて申請できます。
申請は助成対象者1人に対して1回限り。
※千代田町に住所を有し、助成金交付申請日において、本町の住民基本台帳に引き続き1年以上記録されている方、等条件有り。

大泉町

医療用ウィッグ(本体、ネット)が対象で上限3万円。
※がん治療に伴う脱毛症状や手術による外見の変化に対して、医療用ウィッグ等が必要な人、等条件有り。

information

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ