冬のウィッグの注意点
 

暑い夏が過ぎ去り、秋はあっと言う間に終わる…近年はそんな風に冬を迎えて

いる様に感じます。

気温の変化が激しい時期や、暑い季節には、特に通気性を重要視して作成された

医療用ウィッグが最適ですが、寒い寒い冬にもとても使い勝手がよい…

とご存分でしょうか?

寒い冬、寒い場所でお仕事をされたり、通勤通学で長い時間を外でお過ごしになられる方の場合には、幅広いウレタン皮膚がついている医療用ウィッグは大変温かく、安心感がある仕様となっております。

 

ちょっとした工夫で…

さあ、暑い季節だけではなく、寒いときや、体温調節が難しいときに、もちろん通気性の良い医療用ウィッグは何より大切ですが、下の頭皮にこんな工夫をしてみてはいかがでしょうか?

 
今すでにお使いになられている皆さんは、医療用ウィッグの下地って、どんな工夫をして快適にお過ごしになられているのでしょうか…?

外出時は、夏の汗の季節同様に何よりもこの時期、アレンジが快適です!

マフラーやコートを使用する機会の多くなってくるこの時期、お出かけに何より、結わえる…等のアレンジが重要となってきます。

コートやマフラーの下で髪の毛人毛がぐしゅぐしゅになって傷んでしまったら、お団子の様に固まってしまったら何よりその後のメンテナンスが大変です。

 

アレンジの仕方

耳の横を少し残して、ショートならウィッグの裾にそってピン留めを打ちながら 
崩れない様に下目にまとめて後ろ側に髪の毛を添わすようにもっていきます。

ふわふわの生地などのシュシュなどでまとめておきましょう♪

アレンジすることで、べたべたジメジメの暑い時期や、マフラーやコートの寒い寒い冬の季節には、快適に過ごすことができて、

お出かけも楽になりますよね。

 

傷んだ時のウィッグシャンプーはどのようにしたら良いでしょうか…

さて、こんな時の医療用ウィッグのシャンプーはどんなところに気を付けたらよいのでしょうか。

 特に髪が傷む夏を直前に、気をつけたいのは以下となっておりますのでご参考に してくださいね!

まず、シャンプーとトリートメントのことです。

 シャンプーはどんなものがおススメですか? はい、特にこれがよいです…ってお品物はありません…

 しかし…シャンプーは、汚れを取るために強い物が良いってわけではありません。

 市販のものでしたら、「カラー毛用」または「傷んだ髪用」、「ダメージ用」などと記入のあるものをご購入してください。

自毛には良いとされているノンシリコンタイプの製品は、ウィッグには不向きです。

 もしあったら 特におすすめなのが、シリコン入り!!! 自毛とは正反対…と覚えておいてくださいね。

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

Menu

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ