医療用ウィッグの選び方について
Q&A

医療用ウィッグには夏用と冬用があるのでしょうか。

季節によって、ウィッグも夏用や冬用など、それぞれ使い分けた方がいいのでしょうか?

私は極端な寒がりで、住んでいる地域柄、冬はとても寒いので特に心配です…

夏と冬、それぞれ工夫次第で過ごしやすくなりますよ。

一般的に、人毛ウィッグは、夏は涼しく冬は暖かいといわれています。

しかし、確かに人毛のフルウィッグであっても、夏用と冬用を使い分ければ、どれほど快適に生活することができるでしょう‥

そう考えると、きちんと冬用と夏用に分けた方がより良いとも考えられます。 

しかしながら、高価と言われている人毛の医療用フルウィッグの場合、夏と冬とで使い分けするために2つ購入する、というわけにはいかない場合が多いですよね。 

たとえば治療のために使う場合など、だいたいの方がひとつを大事に使っているようです。 

あっちパパの医療用ウィッグをお使いいただいている方で、日常的に長く人毛のフルウィッグを使っている方の中には、2つ、3つとそれぞれに適した使い分けをしている方も多くいらっしゃいます。

お休みの日用、お出かけ用、仕事用などなど… 

たとえば、スポーツジム用に、涼しい通気性の良い夏に適したセンターのみに人工皮膚のついたショートスタイルのウレタンセンター皮膚タイプを。 

お仕事用には通気性と見た目を重視したシルク幅広皮膚タイプを…というように。 

では、冬ならどんなタイプが良いでしょうか。 

冬におすすめなのは、ウレタン皮膚のタイプです。 

こちらは、何より見た目にもリアルで、髪の毛の立ち上がり効果でボリュームもたっぷりありますので装着していてとても温かいです。 

これが夏は逆に暑いのが難点なのですが、冬の寒さには安心の暖かさを発揮してくれます

しかし、見た目を気にすると、皮膚タイプを変えるのはとても不安、という方も多くいらっしゃいます。

では、ウレタン皮膚であってもそうですが、薄い素材のシルク皮膚のつむじや、またはマシンメイドなどの粗いネット素材のウィッグの場合の冬の過ごし方はどうしたらよいでしょうか。

考えてみましょう。

あっちママがおすすめするのは、ウィッグの下に着ける物での創意工夫です。

薄い網のインナーネットだけでは雪が降る様な季節には寒い‥という方にはこんな工夫はいかがでしょうか。

まず、インナーネットの下にはしっかり布をつけてからネットを装着してみてください。

その布地ですが、ご用意できるならヒートテック等の生地ですと最良です。

薄い網のインナーネットだけでは寒い、ということでしたら、その下にまるで下着の感覚できちんと暖かい素材のインナーが必要なのです。

この対策は特に寒がりの方の場合に特におすすめです。

そして、何より首元をしっかり温めてお過ごしください。

マフラーの中にあったかホカロンを入れるという手もございますよね。

逆に夏であれば、涼しい素材の下着がありますので、涼しい素材の布をインナーにすればよい、と考えられます。

冷えピタを張るというのも手立てですね。

工夫ひとつで冬は暖かく、夏は涼しくお過ごしいただくことが可能です。

 

いずれにしましても人毛のフルウィッグは見た目がリアルで、夏は涼しく冬は温かいのが特徴と言えます。

確かに、金銭的な余裕があるのであれば、もちろん、夏用、冬用と使い分けができれば最高ですね。 

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ