医療用ウィッグの選び方について
Q&A

回答者:ウィッグアドバイザー 塚本知恵子

抗がん剤治療を予定しています。ロングスタイルのウィッグは扱いが難しいでしょうか?

来週からの抗がん剤治療の副作用で髪が抜けてしまうようです。

今月末までに購入を考えています。 

それで、医療用で使うウィッグでは、扱いやすいショートが良いと聞いたのですが、私はもともと鎖骨より10cmくらい長いロングスタイルなのでどうしたらよいか…と悩んでいます。 

やはりロングヘアでは扱いにくいのでしょうか。

アドバイスお願いします。

ロングスタイルのメリットもございますので、お好きな髪型を選ばれるのが最良です。

医療用で使うウィッグのヘアスタイルにつきましてのお返事です。 

その昔、「医療用ウィッグ」と言えば、その髪型はショートのふんわりパーマが定番でした。 

ふんわりとパーマがかかっている、現在では少し年配者向けの髪型と言えます。 

人毛のフルウィッグでは、確かにショートが扱いやすいのは本当です。 

それはシャンプーやブローが簡単だから…と言えます。 しかし、ロングはそんなに扱いが大変なのでしょうか。 

まず、シャンプーに関しましては、確かに乾くのにショートよりは時間がかかるかもしれませんね。 

しかし、長く使っていると襟足が浮きやすいショートよりも、ロングですとスタイルが乱れたときにシュシュなどを使って結わえてしまえば簡単にお出かけも可能で扱いやすい、という場合があります。 

さて、どちらが良いのか、というのは人それぞれのお好みの部分が多いのではないかと思いますが、何より今までのご自分の髪型がロングで、それがお好みなのであれば、お好きな髪型をご選択されるのが最良と思いますよ。

もしロングスタイルのウィッグをお選びになられて、不安なことやわからないことがあっても、ご相談を承っておりますので、お気軽にご連絡くださいね。

お電話またはメールでの
ご注文も承っております!

お電話でのお問合せはこちら

0120-72-3309

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ