医療用ウィッグの種類

医療用ウィッグっていったいどんなものなのでしょうか。
ここでは、どんな種類があるのかその種類を調べてみましょう!

 

必要になるのはこんなときです

急な円形脱毛に悩むとき

お医者様からお薬の副作用で脱毛しますよ、という話をされたとき

白髪が増えて頭のてっぺんが気になりだしたとき

お子さんが抜毛症で髪の抜毛がひどくなってしまったとき

年齢髪で悩みだしたとき

医療用ウィッグを探してみるのはそんなときだと思います。
「医療用ウィッグ」と入れてインターネットで検索してみますと、たくさんのお店が出てきます。
それぞれのお店を見てみますと本当に数えきれないくらいのウィッグが並んでいるのがわかります。

様々なウィッグの種類

  • 総手植え製品
  • つむじや分け目のついていないもの
  • 人毛100パーセント
  • ミックスと言われているナイロン毛と人毛の混合製品
  • ナイロン製品
  • シルクのリアルな皮膚で通気性重視の製品
  • リアルなウレタンの分け目(つむじ)が左右いずれかについている
  • 伸縮ネットでかぶりやすい設計
  • オーガニックコットンで作成されている製品
  • ワンサイズ(フリーサイズ)
  • サイズ各種
  • マシンメイド製品

その他、まだまだそれぞれに工夫を凝らしたそれぞれのお店のたくさんの種類の医療用ウィッグ、と言われているお品物を見ることができます。

それでは、あっちパパの医療用ウィッグの種類は…?

あっちパパの場合には、つむじやネット素材等の種類の違いがございます。サイズの種類もそれぞれに異なります。
部分的(Sサイズ~ハーフタイプ)なものから頭全体をカバーするタイプ(SSサイズ~Mサイズ)のものまで、各種類の医療用ウィッグをそれぞれ用途に合わせて作成しご提供させていただいている現状です。

お医者様から副作用があり脱毛しますよ…というお話があったお客様には

  • シルクの分け目の自由なつむじ分け目のついた見た目とかぶり心地がストレス​フリーで特に通気性を重視したタイプ
  • センターにウレタンのリアルなわけめつむじのついた通気性と見た目がリアル
シルク幅広
ウレタンセンター

なぜ数ある医療用ウィッグの中でこの二種類をおすすめしているのか、と言いますと、何よりも抗がん剤での脱毛の場合には、通常の生活をウィッグでも変わらずに過ごしたい、また、治療中でも何よりもストレスフリーでおしゃれに軽やかに過ごしたい…というご希望が強いので、特にこの2種類をおすすめさせていただいております。
円形脱毛症や抜毛症といった病気の治療で必要な場合も同様で、見た目にはかなりこだわって作成した上記のタイプと、また日常的に脱毛されており、毛の量が多めなお好みであり、トップ部の立ち上がりが欲しい方向けにはウレタン幅広つむじタイプの種類の製品が特に人気です。
また、急な円形脱毛で全体をカバーというよりは部分的なカバーをしたい方の場合や、同様に年齢髪や白髪カバー等の場合には部分的な製品をおすすめしております。その場合も、つむじや大きさの種類にかなりの違いがございまして用途によって、またはお好みによってかなりその種類が異なって参ります。

 

フォローしてお得な情報をゲットしよう!

Informtion

店舗情報

※地図はサンプルです

〒000-0000
東京都千代田区大手町1-1-1
地下鉄大手町駅 徒歩10分

03-0000-0000

メールでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご相談ください。

受付時間

平日 9:00~19:00
土曜 10:00~19:00

定休日

日曜日・祝日

Menu

代表者プロフィール

代表者名
 
資格、経歴
  • ○○認定エステティシャン
  • ○○認定エステティシャン

あいうえおかきくけこさしすせそたちつてとなにぬねのはひふへほまみむ